水道水はカラコンの敵!

 

カラコンを使い終わった後、どうやって洗っていますか?
ほとんどの人は専用の洗浄液を使っていると思いますが、たまに水道水で洗っているという人もいるようです。
しかし、長期型のレンズに水道水は大敵です!
girl12

水道水でカラコンを洗うのはほとんど論外なのですが、それ以外にもカラコンが水道水と接触するリスクって結構多いんです。
例えば、プールやお風呂
特に銭湯などに行ったときは、見えないからカラコンを着けたまま入ってしまったりしてしまいがちです。
でも、実はそれ、絶対ダメなのです。

 

カラコンに水道水がNGな理由

カラコンに水道水がNGな理由は、水道水に目には見えない細菌や、浄化用のための化学物質が含まれているからです。
銭湯も同じ理由でNGです。
プールには塩素も入ってます。

でも、なぜカラコンに水道水が対的なのでしょうか?
kangaeru
それはカラコンも水分を含んでいるからです。
カラコンは水分が蒸発したとき涙から水分補給をしています(詳しくはカラコンの含水率の記事をどうぞ)。

つまり、カラコンの水分はもともと含まれていた水分+涙などから吸収した水分+洗浄液から吸収した水分からできているのです。
そこに水道水をつけてしまうと、レンズが水道水を吸収しちゃうことは想像できますよね。
水道水にはたくさんの雑菌が含まれているので、それがカラコンに付着しちゃうということなんです。
さらに、カラコンを目にいれている状態だと、カラコンが体温で温められて菌が増えやすい温度になっちゃいますよね?

目の中でぶわーっと増えていく菌、アレルギー症状だって起こしちゃいます。
また、化学物質と反応をして、レンズが変形してしまうこともあるんです。
変形をしてしまったレンズは目の形となじめずに、その部分がまばたきの時に目に傷がついて病気の原因になってしまうこともあるんです。
レンズをはめるときの手洗いはすごく大事ですが、しっかりと水分はふき取って、2週間タイプや1か月タイプ、1年タイプのカラコンを使っている人は絶対水道水につけないようにしましょう。
もしプールや銭湯などお風呂に行くならワンデータイプのカラコンの使用をお薦めします。
ワンデータイプを使う場合でも、もう1つ予備を用意してプールやお風呂からあがったら新しいカラコンに交換してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket