【カラコンの上手な入れ方】を知りたいときはこちら

 

初めてカラコンを着ける時って怖いですよね。
だって、自分の眼にレンズを入れないといけないのですから。
慣れた人は「簡単だよ」って言ってくれますが、最初はやっぱり怖いものです。
girl_3

そこで、カラコンの上手な入れ方をご紹介したいと思います。

カラコンの上手な入れ方

最初のうちは鏡は必須です。
手鏡ではなく、両手が空くように机に置いて使える鏡がおすすめです。

最初のうちはどうしても怖くて目をつぶってしまいます。
もう片方の目でまつ毛などにあたらないように見ておきましょう。
右手でカラコンを着けようとしている場合、左手でまぶたを押さえておくとよいでしょう。

まぶたを押さえてカラコンをゆっくり眼に入れてください。

やっとカラコンが目に乗ったと思っても油断は禁物です。
まだカラコンと眼の間に空気が入って浮いていたりするからです。
このとき、まばたきをしてしまうとカラコンが外れてしまうことがあります。

まばたきはせず、視線だけ下の方を向けてください。
これでカラコンと眼の間に空気が入っていたとしても抜けるはずです。

ここまでできたら数回まばたきしてみましょう。
違和感がなければOKです。

ちょっと痛かったり、違和感があるなと思ったときは一度外してみましょう。
ワンデーカラコンは基本的に一度外したら捨てないといけませんが、装着のしなおし程度なら問題ありませんよ。

意外と難しいカラコンの外し方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket