【カラコンの上手な外し方】を知りたいときはこちら

 

カラコンを外すのって入れる時以上に怖いものです。
入れるのは簡単にできたけど、カラコンを外すのは怖くてなかなかうまくできないという人は結構いらっしゃいます。

中には外せなくなって泣きそうになってしまう人もいると聞きます。
それくらい難しい(慣れれば簡単ですが)カラコンの外し方ですが、ちょっとしたコツがあります。

itai

まず、カラコンを外す際に気をつけておかないといけないのは「意外に滑る」ということです。
これはカラコンを着けるときはあまり意識しなくてもいいのですが、外すときは話は別です。
なぜなら、カラコンを”つまんで”目から外さないといけないのですから。

この点をしっかり意識しておかないと、「カラコンが外せない」ということになってしまいます。
カラコンが外せなくなって焦る程、うまくできなくなってしまいますので落ち着いて外しましょう。

 

カラコンの上手な外し方

カラコンの外し方の基本は「つまむ」です。
爪が長いとやりにくいので、初めのうちは爪は短めにして練習することもおすすめです。

そして、最大のポイントはつまむ場所です。
黒目の一番下と白目の境目あたり
このあたりにちょっと段差があるので、滑らずにつまみやすくなります。

そして、カラコンは涙でぬれていて滑るので、ちょっと目の奥に押す感じでつまんでみましょう。
ここでつまむ力が弱すぎると、うまくカラコンを外せません。
白目に指が当たっても痛くないですし、カラコンごしだと少し力を入れても大丈夫です。
少しだけ強くつまんでみましょう。ただし、爪には注意してくださいね。
(この辺りは本当に慣れです)

一度うまく外せると次からは簡単に外せるようになります。
カラコンの着け外しが怖いと思うのは最初だけです。
上手く外せるようになったら、カラコンでのおしゃれを楽しめますよ!

カラコンの着け方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket